植物当番

~みにととらのマッタリ植物LIFE~

ガジュマルの育て方!~我が家の場合~

みなさんどうも、とらです

 

最近おろそかになっていた

植物紹介をしていこうと思います 

 

ってことで

 

今回紹介する植物はこの子!

f:id:Minitora:20190221122043j:plain

 

 

 

  

・・・・いやどの子だよ笑

 

 

 

 

はい、タイトルにもある通り

ガジュマルちゃんです!

f:id:Minitora:20190221190511j:plain

なんか、お店で売っているガジュマルと少し違くない?

と思うかもしれません。

お店でよく売られているガジュマルは

f:id:Minitora:20190221191012j:image

こーゆうタイプですよね

(画質粗くてすいません)

 これが一般的?なガジュマルです

 いわゆるニンジンガジュマルってやつですね。

 

我が家のガジュマルは

実生タイプなので(多分)

少し見た目が違いますね。

でも同じ種類のガジュマルのはずです。

 

そもそもニンジンガジュマル、

という種類はなかったような。

 

少し調べてみました。

 

 

どうやらニンジンガジュマルは

挿し木で増やしたガジュマル、

のようなもので、

ニンジンガジュマルという品種というより

商品名みたいなものだそうです。

 

我が家の実生のガジュマルと

見た目こそは違いますが

ほとんど一緒です。

一応仕組みを絵にしてみました。

画力に関しては期待しないでください笑

 

 

これが実生のガジュマルです

f:id:Minitora:20190222203733j:plain

 実生のガジュマルは

根っこの部分がこのようにぶっとく育ちます。

そのある程度育ったガジュマルの根っこを

f:id:Minitora:20190222203849j:plainぶった切ります。

 

そしてぶった切った部分を放置

そこから芽が出てきたらー・・

f:id:Minitora:20190222203945j:plain土ショウガの出来上がり!

・・・・ごほん。

・・ニンジンガジュマルの出来上がり!

 

という具合です。

なのでニンジンガジュマルは実生ガジュマルと一緒

みたいなもんですね。

ちなみにガジュマルは、挿し木はできるそうなんですが

挿し木の場合、実生のように根っこが太くならないんですって。

 

多分こんな感じ。

f:id:Minitora:20190222204134j:plain

 なのでガジュマルの根に魅せられた方は

実生のガジュマル

もしくは

ニンジンガジュマル

じゃないとあの根にならないみたいなので

要注意、ですね!

 

 

 

ニンジンじゃなくて普通の実生ガジュマルが欲しい!

という人はネットで調べてみてください

案外ありますよ!

 

店頭ではあまり見かけたことがないです。。

少なくとも私の近辺にはなかった。。shock

 

 

 

そんなガジュマルですが

 

変な形してて面白い!

なんだあの根は!

なんかかわいい!

と思って購入されてる方も多いんじゃないでしょうか!

 

 

 

 

 

 

 

 

めっさわかるわ

その気持ち!

 

 

 

 

 

 

 

 

てことで本編です

前置きが長くなってしまいました。

本編よりも長くなってしまった。←ぉぃ 

クワ科:ガジュマル

  • クワ科
  • イチジク属
  • 耐寒性:弱い
  • 耐暑性:強い
  • 栽培難易度★☆☆☆☆
  • 多幸の木・精霊が宿る木

置き場

基本的には屋外の日光がよく当たる場所に

置いてあげましょう。

私のイメージとしては日光大好き!

って感じなので

我が家の場合は

寒い時期以外、直射日光ガンガンに当ててます

 

育て始めて2年くらい経っていますが

今の所葉焼けなどは見られません。

元気よく育ってくれています

住んでいる環境にもよるかもですので

葉焼けの症状がみられる場合は

遮光などの工夫も必要かもしれません。

 

寒さに弱いので、の後半

我が家の場合

11月頃には室内に避難させてます

気温が15度ぐらいになってしまうと

もうアウトですね

即、室内に避難させます笑

 

 

 

前に冬場に屋外にほったらかしていたら

全体的にしなーってなっていまして。

もう・・・

葉っぱが全部下を向いているというか。。

 

それ以降、冬越しに敏感になっています笑

なんとか復活してくれまして、

今は見ての通り元気ですよ!

屋内

全然育てれます。

ですが日光が大好きな子ですので

室内でも日光がよく当たる場所が

好ましいです。

冬場の場合、

窓際に置くのはやめときましょう。

 

個人的に冬場は日光よりも冬越し優先です

・・・さすがに気を使いすぎかな?

 

水やり

基本的に土の表面が乾いたらあげる

という形でいいです

 

ですが我が家の場合は

の初め頃ぐらいまで

ほぼ毎日あげてますね。

一日1回~2回ぐらいはあげてます

 

 

冬場は1週間に1回とか、そのぐらいです。

土の表面が乾いてから、大体3~4日経って

あげています。

 

葉水は成長期のには

3日に1回、行っています

冬場は~・・実は行っておりません。

来年には試してみようかなと思っております

まだまだ模索中です。

 

 

ガジュマルは我が家で育てている植物の中では

ダントツで成長速度が速い観葉植物です

夏場、日光ガンガン

水ドバドバあげていたおかげでしょうか。

ほかの皆さんのガジュマルは1年でどのくらい

成長するんでしょうね?

我が家のガジュちゃんはこんな感じです

 

2年前のガジュ

f:id:Minitora:20190221190951j:image

f:id:Minitora:20190221191023j:image

一年前ぐらいのガジュちゃん

f:id:Minitora:20190221190940j:imageそして今現在のガジュマル

f:id:Minitora:20190222184844j:plain

なんか左にいますが気にしない気にしない。

 

うーん・・・・

 

 

いまいち大きさが伝わらない笑

 

 

もう一枚

 

 

 

f:id:Minitora:20190222185024j:plain

 

おいそこの犬!

どきなさい!

 

・・・・・・

・・・・・

・・・

 

 

じ、実はこれでも

結構大きくなっているんですよ!

最近植え替えもしたので

今年の夏が楽しみです!

はやく2メートルくらいにならないかなー!

最後に

ガジュマルは

多幸の木

精霊が宿る木と言われていますね。

 

 

実はわたくし、出身が沖縄でございまして。

 

 

沖縄では野生のガジュマルはそう珍しくなく

少し山や林などに行けばガジュマルが自生しています。

精霊が宿る木と言われているガジュマル。

その精霊といいますのが沖縄地方で

キジムナーと呼ばれる精霊でして。

 

正直そのキジムナー

沖縄出身の私からしたら

正直恐怖でしかありません笑

あんまり良い印象がないんですよね。

子供のころに読んだ絵本の影響が

でかいとは思いますが・・・

 

少し説明しますと

なにやらキジムナーの好物は

魚の目玉で(しかも左側だけ)(しかも俺の好物)

 

座敷童てきな存在で

気に入られると幸運が訪れると。

 

ですが

住み家であるガジュマルを傷つけたりぶった切ったりすると

キジムナーに呪われる、最悪の場合死。

 

とか。。

 

 

 

 

いや普通に怖い笑

 

なんかマスコットキャラ的存在になっていますが

私はあんまり好きではありません。

 

 

 

キジムナーはね!笑

 

 

 

ガジュマルは大好きですよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が家のガジュマルには宿らないでくださいお願いします。

 

 

 

 

 

 

 なんてね笑

 

というわけで、

 

なんか印象が悪くなってしまった

ガジュマルちゃんですが。。

 

あの何とも言えない根っこの見た目。

置いてあるだけでなんかオシャレに見え、

とてもかわいく

丈夫で

しかも育てやすい。

うん。

とてもおススメです!

 

 

 

おまけに精霊も宿るかも、しれないですし。

 

 

 

 

うん

 

 

 

それはふつーに嫌

 

 

 

以上とらでした笑